ブログ

痛風 高尿酸血症8

高尿酸血症により尿酸結晶が関節の中で貯まり、これらの結晶が白血球により貪食され急性炎症が引き起こされた状態が痛風発作です。痛風発作の痛みは非常に強いもので、中には歩けずケンケンして来る患者様や車椅子で来院する患者様もいるほどです。尿酸は温度が低くなるほど溶けにくくなり、結晶化しやすくなります。小学校や中学校の時習った溶解度曲線と同じです。また私たちの体は心臓より離れた先端になるほど体温が低くなります。そのため痛風発作は足や手の体の末端の関節・腱で起こることが多いのです。

尿酸が高い状態を放置したり、治療が不十分で痛風発作を繰り返していると痛風結節というコブ状のものができ生涯消えずに残ることもあります。私は子共の頃、耳がゴツゴツした大人を見て不思議に思っていましたが、医師になり痛風結節だとわかり納得しました。尿酸が高い、痛風が心配な患者様は越谷くろす内科クリニックまでご相談下さい。

アクセス

〒343‐0014
埼玉県越谷市宮前1丁目5番21

アクセスマップ

アクセス詳細はこちら

診療時間
 
午前
午後

午前…9:00~12:00(受付 8:45~)

午後…14:00~18:00(受付13:45~)

△……9:00~14:00

休診…水曜午後・土曜午後・日祝
電話による診療受付は行っておりません

診療時間

 
午前
午後

午前…9:00~12:00(受付 8:45~)

午後…14:00~18:00(受付13:45~)

△……9:00~14:00

休診…水曜午後・土曜午後・日祝
電話による診療受付は行っておりません

診療案内
メニュー

スタッフブログ

pagetop